アートとカルチャーを探す旅

みなさんこんにちは ビビです。

Hello everyone  This’s Bibi.

 

今日は

東京国立近代美術館
『眠り展:アートと生きること』を
ご紹介します。

Today I ’m going to introduce

“Sleeping Exhibition: Living with Art” held at the National Museum of Modern Art, Tokyo.

 

この展示のコンセプトは、眠りをテーマにした作品の展覧会で、

ちょっと変わった雰囲気の企画展。

The concept of this exhibition is an exhibition of works on the theme of sleep.

A special exhibition with a slightly unusual atmosphere.

 

展覧会場にグレーのカーテンがかけられていて、

まるで寝室の中にいる様な演出でした。

There is a gray curtain on the exhibition hall

It was like being in a bedroom.

 

絵画、版画、素描、写真、立体、映像など、

幅広いジャンルの作品約120点が展示されていて、

鑑賞者を飽きさせることなく楽しませてくれます。

Paintings, prints, drawings, photographs, 3D, images, etc.

About 120 works from a wide range of genres are on display.

It will entertain the viewer without getting bored.

現在の世界的なコロナ禍において、

「眠り」は死をイメージする暗い印象だけど、

作品を観ながら進んでいく中で、

「眠りからの目覚め」といった明るい

希望へ導かれるような展示になっています。

In the current global corona disaster

“Sleep” has a dark impression of death,

While watching the work,

Bright like “Awakening from the Sleep”

It is an exhibition that guides you to hope.

 

入口には斬新なデザインのメインビジュアルのタイポグラフィが貼られており、

天井部分にはグレーのカーテンが垂れ下がっているデザインが施されていました。

At the entrance, a typography of the main visual with a novel design is pasted,

The ceiling was designed with gray curtains hanging down.

 

従来の美術館で企画される展示デザインよりも

変化球的なデザインが取り入れられていて、

新しいイメージの空間を創り上げていたと思います。

Than the exhibition design planned in a traditional museum

Introducing a novel design,

I think I was creating a space with a new image.

 

しか~し・・・

『眠り展:アートと生きること』を鑑賞し終わって感じたことは、

全体的にぼやけていたかな・・・

(それが狙いだったのか?)

However …

What I felt after watching “Sleep Exhibition: Living with Art”

Was it blurry overall …

(Is that the aim?)

 

なんとなく、空間デザインのイメージに頼りすぎていて、

肝心な『眠り』について作品からのメッセージが弱いように感じました。

Somehow, I relied too much on the image of space design,

I felt that the message from the work about the essential “sleep” was weak.

 

全部を観終わった時に、「眠りについて楽しく学べた」など、

充実感に満たされる様な展示だともっと面白かったと思いました。

例えば脳科学や心理学の資料や写真、

眠りを体感できる装置など、

アートと科学のコラボレーションといった展示内容にして、

眠りが人体にとって身近で重要であり、

かつ神秘的であるかなど、違った視点からの体験ができればもっと楽しめただろうなぁ。

When I finished watching everything, I said, “I enjoyed learning about sleep.”

I thought it was more interesting if the exhibition was filled with a sense of fulfillment.

For example, materials and photographs of brain science and psychology,

Devices that allow you to experience sleep, etc.

The exhibition content is a collaboration between art and science.

Sleep is familiar and important to the human body,

It would have been more enjoyable if I could experience it from a different perspective, such as whether it was mysterious or not.

 

また、同時開催の

 所蔵作品展『MOMATコレクション』も
見ごたえある展示でした。

Also held at the same time

The exhibition “MOMAT Collection” was also a spectacular exhibition.

 

その中で、ものすごく気になった作品がコレ

Among them, the work that I was really interested in is this

髙柳恵里《ポケットガーゼ》1998年
Eri Takayanagi 《Pocket gauze》

 

なぜ?これをコレクションしたのか?(笑)

気になり過ぎて、この作品から離れられなかった(笑)

why? Did you collect this? (Lol)

It was so interesting that I couldn’t leave this work (laughs)

 

男性彫刻展も・・・・目のやり場に困るけど、

力強くて素晴らしい彫刻の展示は迫力満点!

パンフレットのデザインが面白かったですよ。

Men’s sculpture exhibition … I’m having trouble with my eyes,
but

The exhibition of powerful and wonderful sculptures is impressive!

The design of the pamphlet was interesting.

Bibi

京都芸術大学で博物館学芸員の資格研修中。アートギャラリー運営後、各地の博物館や町の取材を通して、文化やアートに関する記事の執筆活動を開始。様々なプロジェクトに参加しながら人との繋がりを大切にしたい。Currently undergoing qualification training for a museum curator at Kyoto University of Art and Design. After running the art gallery, I started writing articles about culture and art through interviews with museums and towns around the world. I want to value the connection with people while participating in various projects.

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。