アートとカルチャーを探す旅

三田線高島平駅 Mita Line Takashimadaira Station

 

みなさんこんにちはビビです。

今日は高島平をお散歩しながら、

高島平の歴史について少しお話しします。

Hello everyone I am Bibi.

While taking a walk in Takashimadaira today

I would like to talk a little about the history of Takashimadaira.

 

高島平ってどんなまち?What kind of town is Takashimadaira?
高島平の地図
1972年昭和47年、高度成長期に建設されたマンモス団地が建ち並ぶ、板橋区高島平。
まるでドミノの様に規則正しく建物が建ち並んでいて、壮観な景色です。
Takashimadaira, Itabashi-ku, where the mammoth housing complex built during the high-growth period of 1972 is lined up.
The buildings are lined up regularly like dominoes, and it is a spectacular view.

敷地内には、緑溢れる公園や池がたくさんあって、庭園に癒されます。
高島平団地は、当時最先端の近代住宅で庶民の憧れのまちでした。

There are many green parks and ponds on the premises, and you can heal yourself in the garden.

Takashimadaira housing complex was a state-of-the-art modern house at that time and was a city that the common people longed for.

日本庭園の様な空間 A space like a Japanese garden
高島平の名前の由来は? What is the origin of the name Takashimadaira?
高島平の地名は、高島 秋帆の名を冠して命名されたもので
それ以前は徳丸田んぼ、赤塚田んぼと呼ばれた広大な水田地帯であった。
高島 秋帆 西洋砲術家の生涯と徳丸原』より (板橋区立郷土資料館)
Origin of the name Takashimadaira
The place name of Takashimadaira is named after Takashima Shuhan.
Before that, it was a vast paddy field called Tokumaru rice field and Akatsuka rice field.
From “Takashima Shuhan: The Life of a Western Artillery and Tokumaruhara” (Itabashi Historical Museum)
高島 秋帆(たかしま しゅうはん)
高島 秋帆(1798-1866)Takashima Shuhan
高島 秋帆は
1841年に、当時の徳丸ヶ原の地で
日本初となる洋式砲術と洋式銃陣の公開演習を行ったことから
全国にその名が知れ渡りました。
Takashima Shuhan became famous in 1841 when he conducted Japan’s first public exercise of Western artillery and Western guns in Tokumaru Gahara.
西洋砲術演習の様子 Western artillery exercise

 

秋帆はもとは外国と貿易が盛んだった長崎の出身で、
オランダ人から西洋砲術を学び、
遅れている日本の砲術を改め
国防を強化させるために西様式軍事調練を行いました。

Shuhan was originally from Nagasaki, where trade with foreign countries was thriving.
He learned Western artillery techniques from the Dutch and
He changed Japan’s lagging artillery.
He did conduct Western-style military training to strengthen national defense.

 

2021年2月からNHKで放送されている、大河ドラマ『青天を衝け
では、主人公の渋沢栄一に大きな影響を与えた人物として、高島秋帆の役を
玉木宏さんが演じていますね。
The taiga drama “Seiten wo Tsukei”, which has been broadcast on NHK since February 2021.
Then, as a person who had a great influence on the main character, Eiichi Shibusawa,
I played the role of Takashima Shuhan.
Hiroshi Tamaki is playing.
『自殺の名所』と呼ばれた時代 An era called “a famous place for suicide”
高度成長期の庶民の憧れの団地は、
入居が始まった1972年から飛び降り自殺が相次ぎました。
高層ビルがまだ珍しい時代であったために
最初は団地の住民の飛び降り自殺でしたが、
マスコミ報道でうわさが世間に広まり、
外部からも人が飛び降りる「自殺の名所」となってしまいました。
100人上の死者が出るほどの社会問題になり、
3階以上の階にはフェンスを設置し、
パトロールの巡回をすることにより事故は無くなりました。
The housing complex that the common people longed for during the high-growth period
Suicide by jumping has occurred one after another since 1972, when the move-in began.
Because skyscrapers were still a rare era
At first, the residents of the housing complex jumped and committed suicide,
Rumors spread to the world in media reports,
It has become a “suicide spot” where people jump from the outside.
It became a social problem that killed more than 100 people.
Fences will be installed on the 3rd and higher floors
The accident disappeared by patroling the patrol.
フェンスが設置されています。A fence is installed.
さらに時代は進み、このまちで育った子供達は団地を離れ、
残された大人達は高齢化し、老人のまちと化してしまいました。
As the times progressed, the children who grew up in this town left the housing complex and
The remaining adults are aging and have become a town for the elderly.
しかし現在では、高島平地域には約30,000世帯、
人口約56,000人が居住していて、
最近では企業とコラボしたリノベーションも進み、
若者のファミリー層も増えてきました。
駅前のコンコースは、少しずつ再開発が進みオシャレなまちに変わろうとしています。
However, at present, there are about 30,000 households in the Takashimadaira area.
It has a population of about 56,000 and is inhabited.
Recently, renovations in collaboration with companies have progressed, and
The number of young people in the family has also increased.
The concourse in front of the station is gradually being redeveloped and is about to change into a fashionable town.
高島平でのランチはここ!Lunch at Takashimadaira is here!
高島平のレストランと言えばここ、フットレスト。
昔懐かしい洋食屋さんで、まちの人達に人気のお店です。
Speaking of Takashimadaira’s restaurant, this is the footrest.
It is a nostalgic Western-style restaurant and is popular with people in the town.
フットレスト
みんなが利用するまちのレストラン フットレスト Town restaurant footrest that everyone uses

 

ポークソテー 美味しかったです!The pork saute was delicious!
食後のコーヒーでホッと一息 After-meal coffee
食後の運動で、少し隣のまちまで歩きます。
西台の駅前にも団地があります。
でも、ここの建物は、少し変わっているんですよ。

After a meal, walk to the next town.
There is also a housing complex in front of Nishidai station.

But the building here is a little different.

西台駅前 In front of Nishidai station
西台の団地は、なんと建物の下が電車の車庫になっているんです!

The Nishidai housing complex is a train garage under the building!

団地の下に空間があります There is a space under the housing complex

 

建物の下は電車の車庫になっています Below the building is a train garage

 

車庫に電車が止まっています The train is stopped in the garage
あまり見たことがない建物の光景ですが、
とてもノスタルジックな感じで
見ると何故かテンションが上がります!
It’s a scene of a building I haven’t seen much,
It ’s very nostalgic.
When I see it, the tension goes up for some reason!
さて、みなさん高島平の散歩はいかがでしたでしょうか。
また、お会いしましょう。

By the way, how was your walk in Takashimadaira?

Let’s meet again.

Bibi

京都芸術大学で博物館学芸員の資格研修中。アートギャラリー運営後、各地の博物館や町の取材を通して、文化やアートに関する記事の執筆活動を開始。様々なプロジェクトに参加しながら人との繋がりを大切にしたい。Currently undergoing qualification training for a museum curator at Kyoto University of Art and Design. After running the art gallery, I started writing articles about culture and art through interviews with museums and towns around the world. I want to value the connection with people while participating in various projects.

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。