アートとカルチャーを探す旅

Showing: 1 - 2 of 2 Articles

下描きから伝わる絵師が見た風景 The scenery seen by the painter from the sketch

みなさんこんにちは

ビビです。

Hello everyone

It’s Bibi.

今日は、東京ステーションギャラリーで開催中の

『河鍋暁斎の底力』展に行きました。

Today is being held at Tokyo Station Gallery

I went to the “Kawanabe Kyosai’s Power” exhibition.

http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202011_kawanabe.html

河鍋暁斎の底力 | 東京ステーションギャラリー (ejrcf.or.jp)

 

この展覧会は、1831~1889に活躍した日本の人気絵師、

河鍋暁斎の下描きだけの展覧会です。

This exhibition is a popular Japanese painter who was active in 1831-1889.

This is an exhibition only for the draft of Kawanabe Kyosai.

 

そうなんです!

とてもマニアックな展覧会なんです!

That’s right!
It’s a very maniac exhibition!

 

デッサンや、作品の下絵や、絵の構想などが展示されていて、

素人が期待して迂闊に行ってしまうと、

「なにこれ?作品のホンモノはないの?つまんない。」っと

なってしまう、ちょっと危険な企画展です。

Drawings, sketches of works, painting concepts, etc. are exhibited,

When an amateur expects and goes to a detour,

“What’s this? Isn’t there a real work? It’s boring.”

This is a slightly dangerous exhibition.

 

実は、本画が完成されるまでの工程には、

まず、暁斎が下絵を描いて、彩色は弟子達が担当したりします。

版画が完成される工程でも、暁斎が下絵を描いて、

彫師と摺師の作業が入り、作品が完成します。

Actually, in the process until this picture is completed,

First, Kyosai draws a sketch, and his disciples are in charge of coloring.

Even in the process of completing the print, Kyosai drew a sketch,

The work is completed by the work of the tattooist and the tattooist.

 

だからこそ、下絵は暁斎の筆跡が残された

純度100%の河鍋暁斎を体感できるのです!

っと、いうことを伝えたい企画です。

Therefore, Kyosai’s hand-drawn sketches left his soul in the work.
You can experience Kawanabe Kyosai with 100% purity!

It’s a project that I want to convey.

 

実際の展示物からは、確かに、

人気絵師であった暁斎がみていた景色や、

彼の中から湧き上がる構想、

そして、弟子達への丁寧な指導など、

河鍋暁斎の人柄が心の中に流れ込んできます。

From the actual exhibits, surely

The scenery seen by the popular painter Kyosai,

The idea that springs up from him,

And polite guidance to the disciples, etc

The personality of Kawanabe Kyosai flows into your heart.

 

暁斎の筆跡をじっくり観ていると

グッと心を掴まれる様な展覧会でした。

If you look closely at Kyosai’s handwriting
It was an exhibition that caught my heart.

 

東京ステーションギャラリーは、

昔の東京駅の建物の壁を、そのまま利用している美術館です。

ノスタルジックなギャラリー空間を味わえるのも魅力的ですよ。

Tokyo Station Gallery

This museum uses the walls of the old Tokyo Station building as it is.

It is also attractive to enjoy the nostalgic gallery space.

東京国立博物館「桃山天下人の100年」

上野公園 噴水から見る 東京国立博物館

みなさんこんにちは
ビビです。

Hello everyone
This is Bibi.

今日は、東京の上野に行きました。

曇り空でしたが、秋の香りが漂う公園は
空気が澄んでいて
とっても気持ち良かった!

Today, we went to Tokyo Ueno.

It was cloudy, but the park autumn scent of drifts
Optionally clear the air
It was really felt good!

私達は東京国立博物館で開催中の展覧会
「桃山天下人の100年」に行きました。

We exhibition being held at the Tokyo National Museum
We went to the “100 years of the Momoyama world people”.

東京国立博物館 平成館 正面階段

初めて唐獅子図屏風の本物を見たんですが、
とにかくデカイ!
2メートルの高さの屏風は大迫力!

While I was looking at the real for the first time lions folding screen,Anyway, big!
The height of the folding screen is large and powerful 2-meter!

教科書やテレビでしか観たことがなかったので、
その圧倒的な存在感に感動しました。

I usually, because I had never seen only in textbooks and television, was impressed with the overwhelming presence.

つい、図録まで買っちゃった

With, I bought to catalog 💦

ラーメンで腹ごしらえをした後、
上野東照宮でお参りして、
最後に、アメ横でウィンドーショッピング
楽しかった!

After eating noodles
We visited Ueno Toshogu Shrine.
Finally, window shopping at Ameya Yokocho

it was fun!

じゃんがら豚骨ラーメンに紅ショウガ
アメヨコでぶらぶら
上野東照宮