アートとカルチャーを探す旅

Showing: 1 - 10 of 17 Articles

都会の喧騒から離れて心静かにアートを楽しめる照恩寺 Shouonji Temple where you can enjoy art quietly away from the hustle and bustle of the city

 

みなさんこんにちわ まちチューバ—のビビです。
Hello everyone. My name is Bibi. I am Machituber (Machi=Town)

今日は、アートが楽しめるちょっと変わったお寺

照恩寺をご紹介します。

Today, I will talk about the Shouonji temple where you can enjoy art.

目次 table of contents

①照恩寺ってどんなところ?

②若手アーティストの作品が楽しめます!

③まとめ

①What kind of place is Shouonji Temple?

② You can enjoy the works of young artists!
③ Summary

①照恩寺ってどんなところ?

What kind of place is Shouonji Temple?

小平にある照恩寺は、若手アーティストのアート作品を

鑑賞することができるオシャレなお寺です。

At Shouonji Temple in Kodaira, you can see the art works of young artists.

It is a fashionable temple that you can appreciate.

 

お寺をもっと身近にとの観点から、照恩寺では「ART PROJECT」を2018年よりスタートしました。

次代を担う若手アーティストの支援活動として、作品発表の場となるべくお寺を無償で提供し、

アートをひとつのご縁として、ふたたび地域の人々が集える空間を目指していきます。

From the perspective of making the temple more accessible, Shouonji started “ART PROJECT” in 2018.

As a support activity for young artists who will lead the next generation, we will provide temples free of charge as a place to present works.

With art as one edge, we will aim to create a space where local people can gather again.

 

照恩寺アートプロジェクト/

SHOUONJI ART PROJECT

https://www.shouonji.jp/blog/art20170908/

 

②若手アーティストの作品が楽しめます!

You can enjoy the works of young artists!

坂田恭平さんの個展に行きました。

I went to Kyohei Sakata’s solo exhibition.

畳の部屋の壁に日本画の作品が展示されていました。

普通のアートギャラリーよりも落ち着いた雰囲気で

日本画本来の作品の良さが引き出されていました。

Japanese paintings were exhibited on the wall of the tatami room.

In a calmer atmosphere than a normal art gallery

The goodness of the original work of Japanese painting was brought out.

 

落ち着いた空間で

アートについての話が盛り上がりました。

In a calm space

The story about art was lively.

 

③まとめ Summary

みなさんも、ちょっと疲れた時、

都会の喧騒から離れてアートを楽しめる照恩寺に行って

癒しの時間を過ごしてみてください。

If you get a little tired

Let’s go to  the Shouonji Temple where you can enjoy art away from the hustle and bustle of the city

Please spend a healing time.

 

浄土真宗本願寺派

照恩寺

https://www.shouonji.jp/#section_2

東京都小平市美園町3-23-20

西武新宿線 小平駅から0.3km

5月〜6月が見頃 江戸の名所!堀切菖蒲園 May-July Horikiri Iris Garden

5月〜6月が見頃 江戸の名所!堀切菖蒲園

The best time to see from May to July is a famous place in Edo!

Horikiri iris garden

みなさんこんにちわ まちチューバ—のビビです。
Hello everyone. My name is Bibi. I am Machituber (Machi=Town)

今日は、葛飾区にある堀切菖蒲園をご紹介します。

Today, I would like to talk about Horikiri Iris Garden in Katsushika Ward.

目次 table of contents

①堀切菖蒲園ってどんなところ?

②伊左衛門の花菖蒲は江戸でも大人気!

③荒川の河川敷にも行ってみよう!

④他にも楽しめる写真スポットを紹介

⑤まとめ

① What kind of place is Horikiri Iris Garden?
② Izaemon’s irises are very popular in Edo!
③ Let’s go to the riverbed of Arakawa!
④ Introducing other photo spots you can enjoy
⑤ Summary

①堀切菖蒲園ってどんなところ?

What kind of place is Horikiri Iris Garden?

葛飾区にある堀切菖蒲園は、

江戸花菖蒲を中心に約200種6,000株の花菖蒲が栽培されており、

5月から6月中旬にかけて、

一面に咲き乱れる紫色の花菖蒲を鑑賞することができます。

しっとりとした花びらの美しさに、心が和みます。

Horikiri Iris Garden in Katsushika Ward

Approximately 200 species and 6,000 irises are cultivated, centering on Edo irises.

From May to mid-June

You can appreciate the purple irises that bloom all over.

The beauty of the moist petals will soothe your mind.

 

 

②伊左衛門の花菖蒲は江戸でも大人気!

Izaemon’s irises are very popular in Edo!

堀切の花菖蒲は、江戸時代からの名所として 知られており

江戸市民の憩いの場所でもありました。

Horikiri irises have been known as a famous place since the Edo period.

It was also a place of relaxation for Edo citizens.

この地域は土地が低く、荒川、綾瀬川、隅田川の3本の川が流れる湿地帯で、

花菖蒲の栽培に適した土地でした。

花菖蒲は、江戸中期、農民の伊左衛門(1804~1818)によって栽培されました。

堀切の花菖蒲は、歌川広重の名所江戸百景の錦絵の 題材になりました。

This area has low land and is a wetland with three rivers, Arakawa, Ayase, and Sumida.

It was a land suitable for cultivating irises.

The irises were cultivated by the farmer Izaemon (1804-1818) in the middle of the Edo period.

Horikiri’s irises were the subject of Nishiki-e, one of the famous Edo 100 views of Hiroshige Utagawa.

 

③荒川の河川敷にも行ってみよう!

Let’s go to the riverbed of Arakawa!

 

開放感があって広々とした荒川の景色は

都会の中にある自然を味わうことができます。

The open and spacious view of Arakawa

You can enjoy the nature in the city.

荒川の看板。Arakawa sign.
ユニークな形の水門。Uniquely shaped water gate

④他にも楽しめる写真スポットを紹介

Introducing other photo spots you can enjoy

堀切菖蒲園駅からの道のりに仏像の写真スポットがあります。

On the way from Horikiri Shobuen Station

There is a photo spot for Buddha statues.

七福神の仏像。Buddha statue of the Seven Lucky Gods

 

個性的な仏像が並んでいます。Unique Buddha statues are lined up.

 

この小道にはアジサイがたくさん咲いています。Many hydrangeas are in bloom on this path.

 

⑤まとめ Summary

江戸時代から人々に愛された紫色の花菖蒲はいかがでしたか?

How was the purple iris, which has been loved by people since the Edo period?

ゆっくりした時間を味わいたい時に是非一度足を運んでみてください。

Please come visit us when you want to enjoy a relaxing time.

 

荒川の堀切水辺公園から見えるスカイツリーは、

江戸から令和の風景です。

The Sky Tree seen from Horikiri Waterside Park in Arakawa

It is the scenery of Reiwa from Edo.

 

 

 

堀切菖蒲園は京成電鉄堀切菖蒲園駅から徒歩10分。Horikiri Shobuen is a 10-minute walk from Keisei Electric Railway Horikiri Shobuen Station.

 

改札を出て駅の外に案内掲示板があります。There is a bulletin board outside the station after exiting the ticket gate.

 

 

 

 

 

古き良き日本を感じる浅草雷門 Asakusa Kaminarimon that feels good old Japan

みなさんこんにちわ まちチューバ―のビビです。

Hello everyone. My name is Bibi. I am Machituber (Machi=Town)

このブログではまち歩きで 日本の伝統やアート、美味しいお店を紹介します。

In this blog, we will introduce Japanese traditions, art, and delicious shops by walking around town.

 

浅草ってどんなまち?What kind of town is Asakusa?

浅草(あさくさ)は、古くから浅草寺(せんそうじ)の門前町として栄えていました。

江戸幕府の祈願所となってから多くの参拝者が訪れ、茶屋や商店が軒を連ねていました。やがて見世物小屋や「花屋敷」が植物園として開園され、一大娯楽地へと発展していきます。

Asakusa has prospered as a gate town of Sensoji Temple since ancient times.

Many worshipers visited after becoming a prayer place for the Edo Shogunate, and teahouses and shops were lined up. Eventually, “Hanayashiki” were opened as a botanical garden and developed into a major entertainment area.

浅草寺本堂 Sensoji main hall
浅草寺本堂 Sensoji main hall
明治時代の仲見世 Asakusa_Nakamise Around 1870

聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト (senso-ji.jp)

 

浅草寺と仲見世は長い歴史の中で、関東大震災や、第二次世界大戦の被害を受けて

それまでの町並みが焼失してしまいます。

現在では、再建された浅草寺を中心に、再び東京の観光名所として

国内外の旅行客で賑わう活気溢れるまちになりました。

Sensoji Temple and Nakamise have been damaged by the Great Kanto Earthquake and World War II in their long history.

The town was burnt down.

Today, it is once again a tourist attraction in Tokyo, centered on the reconstructed Sensoji Temple.

It has become a lively city that is crowded with domestic and foreign tourists.

 

{おみくじ}箱から棒が出てきて、その番号の引き出しを引く。中には紙が入っていて吉凶を占ってくれる。A stick comes out of the {Omikuji} box and pulls the drawer for that number. There is paper inside and fortune-telling the good and bad

 

浅草のシンボル雷門 Asakusa’s symbol Kaminarimon

雷門は、942年に最初に建立されてから、

火災や大地震、戦争によって何度も焼失しましたが

その度に再建されて、いつの時代でも浅草の顔として、

多くの人に親しまれています。

Kaminarimon has been built since it was first erected in 942.

It was burned down many times by fires, big earthquakes, and wars.

Rebuilt every time, as the face of Asakusa at any time

It is familiar to many people.

 

現在の雷門は、パナソニックの創業者

松下幸之助さんの寄進によって再建されたものです。

The current Kaminarimon is the founder of Panasonic

By donation by Konosuke Matsushita It was rebuilt.

 

真っ赤な大きな提灯は鮮やかで迫力があって、

日本の古き良き時代を感じさせてくれます。

The big bright red paper lantern Vivid and powerful,

It makes you feel the good old days of Japan.

 

助六寿司といなり寿司は恋人だった?!浅草ゆかりの食べ物
Are Sukeroku sushi and Inari sushi lovers? !! Food related to Asakusa

浅草には、花川戸というまちがあります。

その昔、江戸で人気だった花川戸助六は、

イケメンで当時の女子達に大人気でした。

歌舞伎の演目に「助六由縁江戸桜」があります。

In Asakusa, there is a town called Hanakawado.

A long time ago, Sukeroku Hanakawado, which was popular in Edo, was cool and very popular with girls at that time.

There is “Sukeroku” in the Kabuki performance.

歌舞伎の演目 「助六由縁江戸桜」Kabuki performance “Sukeroku”
助六寿司 Sukeroku sushi

助六寿司の名前は、この歌舞伎の演目が由来となっています。

その由来は諸説あります。

助六が頭に巻いた紫のハチマキを海苔巻きに、揚巻を油揚げを使ったいなり寿司に見立てた

The name of Sukeroku sushi is derived from this Kabuki performance.

There are various theories about its origin.

The purple headband that Sukeroku wrapped around his head was likened to seaweed, and the fried tofu was likened to Inari sushi.

 

老舗のたい焼きが美味しい!The long-established Taiyaki is delicious!

 

外はパリパリ中はしっとり。甘さ控えめで食べやすい。The outside is crispy and the inside is moist. Moderate sweetness and easy to eat.

 

浅草は観光案内が充実しています!Asakusa has a lot of tourist information!

浅草は観光名所として、連日多くの人が利用するため、観光案内が充実しています!

外国語の案内も用意されています。

Asakusa is a tourist attraction and is used by many people every day, so there are plenty of tourist information!

浅草駅構内の案内図 わかりやすいインフォメーションが設置されてあります。Guide map inside Asakusa station with easy-to-understand information.

 

観光案内所 各国の言語で作成された浅草の情報パンフレットが手に入ります。Tourist Information Center  You can get information pamphlets about Asakusa created in each country’s language.

 

まとめ Summary

浅草は、古くから浅草寺の参拝者が多く訪れ、食文化や商店が発達して

いつの時代でも賑わい、人々に愛され続けているまちです。

まだ行ったことがない人は是非一度遊びに行ってください。

それではまたお会いしましょう。

Asakusa has been visited by many worshipers of Sensoji Temple since ancient times, and its food culture and shops have developed.

It is a town that is always lively and loved by people.

See you again.

砲術訓練場だった高島平&西台の今と昔 Takashimadaira & Nishidai, which used to be a gunnery training ground, now and in the past

三田線高島平駅 Mita Line Takashimadaira Station

 

みなさんこんにちはビビです。

今日は高島平をお散歩しながら、

高島平の歴史について少しお話しします。

Hello everyone I am Bibi.

While taking a walk in Takashimadaira today

I would like to talk a little about the history of Takashimadaira.

 

高島平ってどんなまち?What kind of town is Takashimadaira?
高島平の地図
1972年昭和47年、高度成長期に建設されたマンモス団地が建ち並ぶ、板橋区高島平。
まるでドミノの様に規則正しく建物が建ち並んでいて、壮観な景色です。
Takashimadaira, Itabashi-ku, where the mammoth housing complex built during the high-growth period of 1972 is lined up.
The buildings are lined up regularly like dominoes, and it is a spectacular view.

敷地内には、緑溢れる公園や池がたくさんあって、庭園に癒されます。
高島平団地は、当時最先端の近代住宅で庶民の憧れのまちでした。

There are many green parks and ponds on the premises, and you can heal yourself in the garden.

Takashimadaira housing complex was a state-of-the-art modern house at that time and was a city that the common people longed for.

日本庭園の様な空間 A space like a Japanese garden
高島平の名前の由来は? What is the origin of the name Takashimadaira?
高島平の地名は、高島 秋帆の名を冠して命名されたもので
それ以前は徳丸田んぼ、赤塚田んぼと呼ばれた広大な水田地帯であった。
高島 秋帆 西洋砲術家の生涯と徳丸原』より (板橋区立郷土資料館)
Origin of the name Takashimadaira
The place name of Takashimadaira is named after Takashima Shuhan.
Before that, it was a vast paddy field called Tokumaru rice field and Akatsuka rice field.
From “Takashima Shuhan: The Life of a Western Artillery and Tokumaruhara” (Itabashi Historical Museum)
高島 秋帆(たかしま しゅうはん)
高島 秋帆(1798-1866)Takashima Shuhan
高島 秋帆は
1841年に、当時の徳丸ヶ原の地で
日本初となる洋式砲術と洋式銃陣の公開演習を行ったことから
全国にその名が知れ渡りました。
Takashima Shuhan became famous in 1841 when he conducted Japan’s first public exercise of Western artillery and Western guns in Tokumaru Gahara.
西洋砲術演習の様子 Western artillery exercise

 

秋帆はもとは外国と貿易が盛んだった長崎の出身で、
オランダ人から西洋砲術を学び、
遅れている日本の砲術を改め
国防を強化させるために西様式軍事調練を行いました。

Shuhan was originally from Nagasaki, where trade with foreign countries was thriving.
He learned Western artillery techniques from the Dutch and
He changed Japan’s lagging artillery.
He did conduct Western-style military training to strengthen national defense.

 

2021年2月からNHKで放送されている、大河ドラマ『青天を衝け
では、主人公の渋沢栄一に大きな影響を与えた人物として、高島秋帆の役を
玉木宏さんが演じていますね。
The taiga drama “Seiten wo Tsukei”, which has been broadcast on NHK since February 2021.
Then, as a person who had a great influence on the main character, Eiichi Shibusawa,
I played the role of Takashima Shuhan.
Hiroshi Tamaki is playing.
『自殺の名所』と呼ばれた時代 An era called “a famous place for suicide”
高度成長期の庶民の憧れの団地は、
入居が始まった1972年から飛び降り自殺が相次ぎました。
高層ビルがまだ珍しい時代であったために
最初は団地の住民の飛び降り自殺でしたが、
マスコミ報道でうわさが世間に広まり、
外部からも人が飛び降りる「自殺の名所」となってしまいました。
100人上の死者が出るほどの社会問題になり、
3階以上の階にはフェンスを設置し、
パトロールの巡回をすることにより事故は無くなりました。
The housing complex that the common people longed for during the high-growth period
Suicide by jumping has occurred one after another since 1972, when the move-in began.
Because skyscrapers were still a rare era
At first, the residents of the housing complex jumped and committed suicide,
Rumors spread to the world in media reports,
It has become a “suicide spot” where people jump from the outside.
It became a social problem that killed more than 100 people.
Fences will be installed on the 3rd and higher floors
The accident disappeared by patroling the patrol.
フェンスが設置されています。A fence is installed.
さらに時代は進み、このまちで育った子供達は団地を離れ、
残された大人達は高齢化し、老人のまちと化してしまいました。
As the times progressed, the children who grew up in this town left the housing complex and
The remaining adults are aging and have become a town for the elderly.
しかし現在では、高島平地域には約30,000世帯、
人口約56,000人が居住していて、
最近では企業とコラボしたリノベーションも進み、
若者のファミリー層も増えてきました。
駅前のコンコースは、少しずつ再開発が進みオシャレなまちに変わろうとしています。
However, at present, there are about 30,000 households in the Takashimadaira area.
It has a population of about 56,000 and is inhabited.
Recently, renovations in collaboration with companies have progressed, and
The number of young people in the family has also increased.
The concourse in front of the station is gradually being redeveloped and is about to change into a fashionable town.
高島平でのランチはここ!Lunch at Takashimadaira is here!
高島平のレストランと言えばここ、フットレスト。
昔懐かしい洋食屋さんで、まちの人達に人気のお店です。
Speaking of Takashimadaira’s restaurant, this is the footrest.
It is a nostalgic Western-style restaurant and is popular with people in the town.
フットレスト
みんなが利用するまちのレストラン フットレスト Town restaurant footrest that everyone uses

 

ポークソテー 美味しかったです!The pork saute was delicious!
食後のコーヒーでホッと一息 After-meal coffee
食後の運動で、少し隣のまちまで歩きます。
西台の駅前にも団地があります。
でも、ここの建物は、少し変わっているんですよ。

After a meal, walk to the next town.
There is also a housing complex in front of Nishidai station.

But the building here is a little different.

西台駅前 In front of Nishidai station
西台の団地は、なんと建物の下が電車の車庫になっているんです!

The Nishidai housing complex is a train garage under the building!

団地の下に空間があります There is a space under the housing complex

 

建物の下は電車の車庫になっています Below the building is a train garage

 

車庫に電車が止まっています The train is stopped in the garage
あまり見たことがない建物の光景ですが、
とてもノスタルジックな感じで
見ると何故かテンションが上がります!
It’s a scene of a building I haven’t seen much,
It ’s very nostalgic.
When I see it, the tension goes up for some reason!
さて、みなさん高島平の散歩はいかがでしたでしょうか。
また、お会いしましょう。

By the way, how was your walk in Takashimadaira?

Let’s meet again.

芸術と美食のまち東銀座 Higashi-Ginza, a city of art and gastronomy

東銀座駅

みなさんこんにちわ。ビビです!

今日は東銀座を歩いてみましょう。

Hello everyone. It’s Bibi.

Let’s walk around Higashi-Ginza today.


まず、駅のすぐ近くには歌舞伎座があります。

First of all, there is Kabuki-za in the immediate vicinity of the station.

2月大歌舞伎

ひな人形

銀座には古いビルが多く、
昭和レトロな感じがエモいです。

銀座の古いビルには
アートギャラリーがたくさんあります。

There are many old buildings in Ginza
It feels retro.

In the old building in Ginza
There are many art galleries.

昭和レトロな感じが良いです。Showa retro feeling is good.
ビルの中に石庭?!A stone garden in the building? !!

浮世絵がまるで現代アートみたいです。

Ukiyo-e is like contemporary art.

 

周辺には美味しそうなお店があります。

There are shops in the area that look delicious.

かわいいロゴのいなり屋さん

Inari shop with a cute logo

和菓子のお店もたくさんあります。

There are also many Japanese sweets shops.

 

なんだか甘い美味しそうな匂いがしてきました!

It smelled sweet and delicious!

思わず買ってしまった人形焼き!
これがまた、ちょー美味しい!

Ningyo-yaki that I bought unintentionally!
This is also delicious!

お店の近くの
レンガのレトロな橋がいい雰囲気です。

Near the shop
The brick retro bridge has a nice atmosphere.

東銀座は芸術たっぷりで、美味しい食のまちでした。

Higashi-Ginza was full of art and was a delicious food town.

マンガを描くために取材に行きました。I went to interview to draw a manga

皆さんこんにちわ ビビです。
Good afternoon everybody.It’s Bibi.
今日は、本のまち、神保町に行きました。
Today, I went to Jimbocho, a book town.
神保町は、古本から新刊まで、様々な本が並ぶまちです。
Jimbocho is a town where various books, from used books to new books, are lined up.
今度、描こうと思っているマンガは、
心理学のマンガにしようと思っていて、
心理学の本を探しに来ました。
The manga I’m thinking of drawing next time is
I was thinking of making it a psychological manga
I came to look for a psychology book.
神保町では専門的な本でも、
探せば安く手に入れる!
Even a specialized book in Jimbocho
If you look for it, you can get it cheaply!
なんと、こんなに安い!How cheap!
¥6,600→¥800
本を読んだ人にとっては、
読み終わった本は古本ですが、
私にとっては、大切な資料です。
For those who read the book,
the book that has been read is a secondhand book,
but for me it is an important material.

本日の戦利品
神保町にはカフェもたくさんあって、
コーヒーと一緒に、素敵な本との出会いの時間を過ごしました。
There are also many cafes in Jimbocho.
I spent time meeting a wonderful book with coffee.
私は、心理学の漫画を描こうと思っているので、
資料を手に入れて、キャラクターのアイデアを考えます。
I’m thinking of drawing a psychology cartoon,
so I’ll get the material and come up with a character idea.

本との出会いを大切にしてくれる空間 A space that cherishes encounters with books

近年、インターネットや電子書籍が急速に普及し、

難しい本をわざわざ読まなくても、

ネットの記事やSNSで手ごろな情報が入手できるため

人々が書店で書籍を買わなくなってしまいました。

In recent years, the Internet and e-books have spread rapidly, and

Even if you don’t bother to read a difficult book

Because you can get reasonable information from online articles and SNS

People have stopped buying books at bookstores.

■全国出版協会:日本の出版統計
(National Publishing Association: Japanese Publishing Statistics)

https://www.ajpea.or.jp/statistics/index.html

このことが原因で、
地域の書店も減少しています。

しかし、一方では、まちおこしとして、
図書館と美術館が併設されるといった、
新しいスタイルの図書空間の施設も増えています。

Because of this
The number of local bookstores is also decreasing.

However, on the other hand, as a town revitalization,
A library and a museum will be added
The number of facilities in the new style library space is increasing.

2015年にオープンした
建築家 隈研吾さんの設計による『富山市ガラス美術館』

市立図書館とガラス美術館が併設されている
とてもオシャレな美術館

Opened in 2015
“Toyama Glass Art Museum” designed by architect Kengo Kuma

Municipal library and glass museum are attached
A very fashionable museum.

施設のご案内

■青森県の「八戸ブックセンター」
市の公共施設の書店として運営されている。

売上を伸ばす主力のマンガの新刊などは扱わず、
売れにくいジャンルの書籍を取り揃え、近隣の書店と連携をしながら、
扱いがない本は他店を紹介し、
まち全体が本屋として機能する中心的な役割を担っている。

“Hachinohe Book Center” in Aomori Prefecture
It is operated as a bookstore of public facilities in the city.

We do not deal with new publications of the mainstay manga that will increase sales,
We have books in genres that are difficult to sell, and while collaborating with nearby bookstores,
Books that are not handled introduce other stores,
The entire town plays a central role as a bookstore.

https://8book.jp/

 

■宮崎県の「都城市立図書館」

閉店したショッピングセンターを図書館にリノベーションした施設で、
洗練されたデザインは、内装だけではなく、本を探す斬新なシステムが導入されて
2018年のグッドデザイン賞を受賞しました。

“Miyakonojo City Library” in Miyazaki Prefecture

A facility that renovated a closed shopping center into a library
The sophisticated design is not limited to the interior, but a novel system for searching for books has been introduced.
Received the 2018 Good Design Award.

http://ihcsacafe.ihcsa.or.jp/news/miyakonojolib/

 

この様に、
私達と本のつながり方が変化する中でも
本との出会いの場を提供してくれている活動は本当にありがたいです。。

Like this
Even as the way books connect with us changes
I am really grateful for the activities that provide a place to meet books. ..

外出自粛で生活のリズムが大きく変化した時間を過ごすため、
または、これからの新しい未来を築いていくため、
先人達が、現代の私達に教えを託してくれた本こそ、
私達の精神を支え正しい方向へ導いてくれるでしょう。

1冊の本と人との出会いの数だけ、知識が育まれる時間が流れ出す。
そうした意味でも、本と人をつなぐ図書空間のデザインは重要であり、
本には、まちを変える力があることを証明したといっても過言ではないでしょう。

To spend time when the rhythm of life changed drastically due to refraining from going out
Or to build a new future in the future
The book that our ancestors entrusted us with today is the book
It will support our spirit and guide us in the right direction.

As many times as the number of encounters between one book and a person, the time to develop knowledge flows out.

In that sense as well, the design of the library space that connects books and people is important.
It is no exaggeration to say that books have proved to have the power to change the city.


人気ブログランキング

 

心理学ワールド

 

何故私はマンガを描くのか?

 

みなさんこんにちわ ビビです。

 

今日はマンガを描くプロセスについてまとめたいと思います。

っと、いっても、すみません、

ビビはプロのマンガ家ではないので、

これから描いていくための準備をします。

 

ビビは少し前まで、

同人誌を創ってコミケに出展したり、
出版社に持ち込みに行っていました。

マンガ家になりたくて。

 

しかし、ひょんなことがきっかけで、

私のお師匠からアートギャラリーを任されて、

しばらくはアートプロデューサーとして活動していました。

アートの知識が全くゼロだったため、

通信教育の美大に入学し、

博物館学芸員の資格取得の勉強をしながらなんとか

ギャラリーをやっていたところ・・

2020年春からのコロナ渦のおかげで

アートギャラリーは閉店し、

 

ビビのアートの活動は一旦中止しました。
閉店したギャラリー

 

しかし、

ビビはギャラリーを経験して

美大に通いながら思うのです。

 

「日本人のアートの知識があまりにも低く過ぎる。」と。

そこで、

アートをもっと楽しく、わかりやすく

みんなの心の中に伝えるために、

一体どんなメディアを使えばよいかを考えて・・・

Youtubeも考えたのですが、

やはり、マンガ大国の日本で

一番馴染みがあるメディアはマンガかなと

改めて辿り着いて・・現在に至ります。

そして、先ずは

面白い啓蒙マンガを描くためには、

マンガ心理学を研究したいと思い立って・・・

 

こんな論文を見つけました。

家島明彦『「マンガ心理学」構想に向けて』

ja (jst.go.jp)

この論文によると

マンガが人に与える影響は大きく、

現在において、マンガは日本を発祥として世界中に広がりをみせていて、

ジャンルや質などが多様化している。
「何故人がマンガを読むのか?」の分析について

教育、認知、臨床といった、他の学問領域と連携して

研究を進めていく重要性が記されていました。

 

要するに、

ビビが到達した結論をまとめますと、

アートの啓蒙を、マンガ心理学に基づいて描けば
面白いマンガが描けるのではないか!
ということです。

すみません、ごちゃごちゃと。

今回は、

マンガを描くための自分の大義名分を明らかにしておきたくて

記録しておきます。

 

次回は、いよいよ、

面白いマンガを描くためのプロセスの第1歩

取材!

を、書いていきたいと思います。

コロナ禍の展覧会『眠り展:アートと生きること』”Sleeping Exhibition: Living with Art” held under the threat of Corona

みなさんこんにちは ビビです。

Hello everyone  This’s Bibi.

 

今日は

東京国立近代美術館
『眠り展:アートと生きること』を
ご紹介します。

Today I ’m going to introduce

“Sleeping Exhibition: Living with Art” held at the National Museum of Modern Art, Tokyo.

 

この展示のコンセプトは、眠りをテーマにした作品の展覧会で、

ちょっと変わった雰囲気の企画展。

The concept of this exhibition is an exhibition of works on the theme of sleep.

A special exhibition with a slightly unusual atmosphere.

 

展覧会場にグレーのカーテンがかけられていて、

まるで寝室の中にいる様な演出でした。

There is a gray curtain on the exhibition hall

It was like being in a bedroom.

 

絵画、版画、素描、写真、立体、映像など、

幅広いジャンルの作品約120点が展示されていて、

鑑賞者を飽きさせることなく楽しませてくれます。

Paintings, prints, drawings, photographs, 3D, images, etc.

About 120 works from a wide range of genres are on display.

It will entertain the viewer without getting bored.

現在の世界的なコロナ禍において、

「眠り」は死をイメージする暗い印象だけど、

作品を観ながら進んでいく中で、

「眠りからの目覚め」といった明るい

希望へ導かれるような展示になっています。

In the current global corona disaster

“Sleep” has a dark impression of death,

While watching the work,

Bright like “Awakening from the Sleep”

It is an exhibition that guides you to hope.

 

入口には斬新なデザインのメインビジュアルのタイポグラフィが貼られており、

天井部分にはグレーのカーテンが垂れ下がっているデザインが施されていました。

At the entrance, a typography of the main visual with a novel design is pasted,

The ceiling was designed with gray curtains hanging down.

 

従来の美術館で企画される展示デザインよりも

変化球的なデザインが取り入れられていて、

新しいイメージの空間を創り上げていたと思います。

Than the exhibition design planned in a traditional museum

Introducing a novel design,

I think I was creating a space with a new image.

 

しか~し・・・

『眠り展:アートと生きること』を鑑賞し終わって感じたことは、

全体的にぼやけていたかな・・・

(それが狙いだったのか?)

However …

What I felt after watching “Sleep Exhibition: Living with Art”

Was it blurry overall …

(Is that the aim?)

 

なんとなく、空間デザインのイメージに頼りすぎていて、

肝心な『眠り』について作品からのメッセージが弱いように感じました。

Somehow, I relied too much on the image of space design,

I felt that the message from the work about the essential “sleep” was weak.

 

全部を観終わった時に、「眠りについて楽しく学べた」など、

充実感に満たされる様な展示だともっと面白かったと思いました。

例えば脳科学や心理学の資料や写真、

眠りを体感できる装置など、

アートと科学のコラボレーションといった展示内容にして、

眠りが人体にとって身近で重要であり、

かつ神秘的であるかなど、違った視点からの体験ができればもっと楽しめただろうなぁ。

When I finished watching everything, I said, “I enjoyed learning about sleep.”

I thought it was more interesting if the exhibition was filled with a sense of fulfillment.

For example, materials and photographs of brain science and psychology,

Devices that allow you to experience sleep, etc.

The exhibition content is a collaboration between art and science.

Sleep is familiar and important to the human body,

It would have been more enjoyable if I could experience it from a different perspective, such as whether it was mysterious or not.

 

また、同時開催の

 所蔵作品展『MOMATコレクション』も
見ごたえある展示でした。

Also held at the same time

The exhibition “MOMAT Collection” was also a spectacular exhibition.

 

その中で、ものすごく気になった作品がコレ

Among them, the work that I was really interested in is this

髙柳恵里《ポケットガーゼ》1998年
Eri Takayanagi 《Pocket gauze》

 

なぜ?これをコレクションしたのか?(笑)

気になり過ぎて、この作品から離れられなかった(笑)

why? Did you collect this? (Lol)

It was so interesting that I couldn’t leave this work (laughs)

 

男性彫刻展も・・・・目のやり場に困るけど、

力強くて素晴らしい彫刻の展示は迫力満点!

パンフレットのデザインが面白かったですよ。

Men’s sculpture exhibition … I’m having trouble with my eyes,
but

The exhibition of powerful and wonderful sculptures is impressive!

The design of the pamphlet was interesting.

岡本太郎アトリエ2

アトリエが語りかけてくる岡本太郎記念館 Taro Okamoto Memorial Hall where the atelier speaks

みなさんこんにちは

ビビです。

今日ご紹介するのは東京の南青山にある、

岡本太郎記念館です。

Hello everyone.

I’m Bibi.

Today I’m going to introduce you in Minami-Aoyama, Tokyo.

Taro Okamoto Memorial Museum.

https://taro-okamoto.or.jp/

岡本太郎記念館外観

とにかく、現在アーティストとして活動されている方は

一度、行って欲しい場所です。

岡本太郎のアトリエをそのまま記念館にした施設です。

このアトリエ空間からは、
太郎の生き方が強く感じられます。

Anyway, if you are currently working as an artist

This is the place I want you to visit once.

It is a facility that used Taro Okamoto’s atelier as a memorial hall.

彼がどんなことを考えていたのか。

彼は私達に何を伝えようとしたのか。

世間と闘いながら、

太郎は芸術を通して強いメッセージを発信しつづけました。

What was he thinking?

What did he try to tell us?

While fighting the world

Taro continued to send a strong message through art.

 

私は、太郎が書いたこの本を読んで、

I read this book written by Taro,

自分の運命に楯をつけ

「この人は、とても丁寧に、生きるという事を伝えようとしていたんだな。」

と感じたのです。

私は岡本太郎の生き方に触れたくて、

この記念館を訪れました。

I felt, “This person was trying to convey that he would live very politely.”

I wanted to touch Taro Okamoto’s way of life, so

I visited this memorial hall.

記念館2階からの撮影
記念館の2階からの撮影。黒い渡り廊下がカッコ良かった。Taken from the 2nd floor of the memorial hall. The black corridor was cool.

 

岡本太郎記念館アトリエ
1階のアトリエ部分には、太郎の作品がたくさんありました。There were many works by Taro in the atelier on the first floor.

 

太郎は、自分で描いた絵画を売らない主義だったそうです。

コレクターやお金持ちに買ってもらって、自宅に飾られるよりも

パブリックな場所で多くの人に観てもらいたいと考えていました。

It seems that Taro did not sell his own paintings.

Rather than being bought by a collector or a rich man and displayed at home

He wanted many people to see it in a public place.

 

若い頃の収入は原稿を書いたり、講演をして、生計を立てていました。

『ほんとうの芸術とは時代を超えるモノ。だから値段がつかない。』と、

太郎は語っています。

彼は、とてもわかりやすい言葉の表現で、

芸術や生き方のヒントを人の心に突き刺していきました。

When I was young, I earned a living by writing manuscripts and giving lectures.

“Real art is timeless, so I don’t know the price of its work.”

Taro says.

He expresses it in very easy-to-understand words.

He pierced our hearts with hints of art and way of life.

もし、あなたが人生に迷った時、岡本太郎の生き方に触れることで

間違いなく、真っ直ぐに生きる元気が出ると思います。

If you get lost in your life, by touching Taro Okamoto’s way of life

Without a doubt, I think you will be energized to live straight.