アートとカルチャーを探す旅

Showing: 1 - 5 of 5 Articles

都会の喧騒から離れて心静かにアートを楽しめる照恩寺 Shouonji Temple where you can enjoy art quietly away from the hustle and bustle of the city

 

みなさんこんにちわ まちチューバ—のビビです。
Hello everyone. My name is Bibi. I am Machituber (Machi=Town)

今日は、アートが楽しめるちょっと変わったお寺

照恩寺をご紹介します。

Today, I will talk about the Shouonji temple where you can enjoy art.

目次 table of contents

①照恩寺ってどんなところ?

②若手アーティストの作品が楽しめます!

③まとめ

①What kind of place is Shouonji Temple?

② You can enjoy the works of young artists!
③ Summary

①照恩寺ってどんなところ?

What kind of place is Shouonji Temple?

小平にある照恩寺は、若手アーティストのアート作品を

鑑賞することができるオシャレなお寺です。

At Shouonji Temple in Kodaira, you can see the art works of young artists.

It is a fashionable temple that you can appreciate.

 

お寺をもっと身近にとの観点から、照恩寺では「ART PROJECT」を2018年よりスタートしました。

次代を担う若手アーティストの支援活動として、作品発表の場となるべくお寺を無償で提供し、

アートをひとつのご縁として、ふたたび地域の人々が集える空間を目指していきます。

From the perspective of making the temple more accessible, Shouonji started “ART PROJECT” in 2018.

As a support activity for young artists who will lead the next generation, we will provide temples free of charge as a place to present works.

With art as one edge, we will aim to create a space where local people can gather again.

 

照恩寺アートプロジェクト/

SHOUONJI ART PROJECT

https://www.shouonji.jp/blog/art20170908/

 

②若手アーティストの作品が楽しめます!

You can enjoy the works of young artists!

坂田恭平さんの個展に行きました。

I went to Kyohei Sakata’s solo exhibition.

畳の部屋の壁に日本画の作品が展示されていました。

普通のアートギャラリーよりも落ち着いた雰囲気で

日本画本来の作品の良さが引き出されていました。

Japanese paintings were exhibited on the wall of the tatami room.

In a calmer atmosphere than a normal art gallery

The goodness of the original work of Japanese painting was brought out.

 

落ち着いた空間で

アートについての話が盛り上がりました。

In a calm space

The story about art was lively.

 

③まとめ Summary

みなさんも、ちょっと疲れた時、

都会の喧騒から離れてアートを楽しめる照恩寺に行って

癒しの時間を過ごしてみてください。

If you get a little tired

Let’s go to  the Shouonji Temple where you can enjoy art away from the hustle and bustle of the city

Please spend a healing time.

 

浄土真宗本願寺派

照恩寺

https://www.shouonji.jp/#section_2

東京都小平市美園町3-23-20

西武新宿線 小平駅から0.3km

コロナ禍の展覧会『眠り展:アートと生きること』”Sleeping Exhibition: Living with Art” held under the threat of Corona

みなさんこんにちは ビビです。

Hello everyone  This’s Bibi.

 

今日は

東京国立近代美術館
『眠り展:アートと生きること』を
ご紹介します。

Today I ’m going to introduce

“Sleeping Exhibition: Living with Art” held at the National Museum of Modern Art, Tokyo.

 

この展示のコンセプトは、眠りをテーマにした作品の展覧会で、

ちょっと変わった雰囲気の企画展。

The concept of this exhibition is an exhibition of works on the theme of sleep.

A special exhibition with a slightly unusual atmosphere.

 

展覧会場にグレーのカーテンがかけられていて、

まるで寝室の中にいる様な演出でした。

There is a gray curtain on the exhibition hall

It was like being in a bedroom.

 

絵画、版画、素描、写真、立体、映像など、

幅広いジャンルの作品約120点が展示されていて、

鑑賞者を飽きさせることなく楽しませてくれます。

Paintings, prints, drawings, photographs, 3D, images, etc.

About 120 works from a wide range of genres are on display.

It will entertain the viewer without getting bored.

現在の世界的なコロナ禍において、

「眠り」は死をイメージする暗い印象だけど、

作品を観ながら進んでいく中で、

「眠りからの目覚め」といった明るい

希望へ導かれるような展示になっています。

In the current global corona disaster

“Sleep” has a dark impression of death,

While watching the work,

Bright like “Awakening from the Sleep”

It is an exhibition that guides you to hope.

 

入口には斬新なデザインのメインビジュアルのタイポグラフィが貼られており、

天井部分にはグレーのカーテンが垂れ下がっているデザインが施されていました。

At the entrance, a typography of the main visual with a novel design is pasted,

The ceiling was designed with gray curtains hanging down.

 

従来の美術館で企画される展示デザインよりも

変化球的なデザインが取り入れられていて、

新しいイメージの空間を創り上げていたと思います。

Than the exhibition design planned in a traditional museum

Introducing a novel design,

I think I was creating a space with a new image.

 

しか~し・・・

『眠り展:アートと生きること』を鑑賞し終わって感じたことは、

全体的にぼやけていたかな・・・

(それが狙いだったのか?)

However …

What I felt after watching “Sleep Exhibition: Living with Art”

Was it blurry overall …

(Is that the aim?)

 

なんとなく、空間デザインのイメージに頼りすぎていて、

肝心な『眠り』について作品からのメッセージが弱いように感じました。

Somehow, I relied too much on the image of space design,

I felt that the message from the work about the essential “sleep” was weak.

 

全部を観終わった時に、「眠りについて楽しく学べた」など、

充実感に満たされる様な展示だともっと面白かったと思いました。

例えば脳科学や心理学の資料や写真、

眠りを体感できる装置など、

アートと科学のコラボレーションといった展示内容にして、

眠りが人体にとって身近で重要であり、

かつ神秘的であるかなど、違った視点からの体験ができればもっと楽しめただろうなぁ。

When I finished watching everything, I said, “I enjoyed learning about sleep.”

I thought it was more interesting if the exhibition was filled with a sense of fulfillment.

For example, materials and photographs of brain science and psychology,

Devices that allow you to experience sleep, etc.

The exhibition content is a collaboration between art and science.

Sleep is familiar and important to the human body,

It would have been more enjoyable if I could experience it from a different perspective, such as whether it was mysterious or not.

 

また、同時開催の

 所蔵作品展『MOMATコレクション』も
見ごたえある展示でした。

Also held at the same time

The exhibition “MOMAT Collection” was also a spectacular exhibition.

 

その中で、ものすごく気になった作品がコレ

Among them, the work that I was really interested in is this

髙柳恵里《ポケットガーゼ》1998年
Eri Takayanagi 《Pocket gauze》

 

なぜ?これをコレクションしたのか?(笑)

気になり過ぎて、この作品から離れられなかった(笑)

why? Did you collect this? (Lol)

It was so interesting that I couldn’t leave this work (laughs)

 

男性彫刻展も・・・・目のやり場に困るけど、

力強くて素晴らしい彫刻の展示は迫力満点!

パンフレットのデザインが面白かったですよ。

Men’s sculpture exhibition … I’m having trouble with my eyes,
but

The exhibition of powerful and wonderful sculptures is impressive!

The design of the pamphlet was interesting.

岡本太郎アトリエ2

アトリエが語りかけてくる岡本太郎記念館 Taro Okamoto Memorial Hall where the atelier speaks

みなさんこんにちは

ビビです。

今日ご紹介するのは東京の南青山にある、

岡本太郎記念館です。

Hello everyone.

I’m Bibi.

Today I’m going to introduce you in Minami-Aoyama, Tokyo.

Taro Okamoto Memorial Museum.

https://taro-okamoto.or.jp/

岡本太郎記念館外観

とにかく、現在アーティストとして活動されている方は

一度、行って欲しい場所です。

岡本太郎のアトリエをそのまま記念館にした施設です。

このアトリエ空間からは、
太郎の生き方が強く感じられます。

Anyway, if you are currently working as an artist

This is the place I want you to visit once.

It is a facility that used Taro Okamoto’s atelier as a memorial hall.

彼がどんなことを考えていたのか。

彼は私達に何を伝えようとしたのか。

世間と闘いながら、

太郎は芸術を通して強いメッセージを発信しつづけました。

What was he thinking?

What did he try to tell us?

While fighting the world

Taro continued to send a strong message through art.

 

私は、太郎が書いたこの本を読んで、

I read this book written by Taro,

自分の運命に楯をつけ

「この人は、とても丁寧に、生きるという事を伝えようとしていたんだな。」

と感じたのです。

私は岡本太郎の生き方に触れたくて、

この記念館を訪れました。

I felt, “This person was trying to convey that he would live very politely.”

I wanted to touch Taro Okamoto’s way of life, so

I visited this memorial hall.

記念館2階からの撮影
記念館の2階からの撮影。黒い渡り廊下がカッコ良かった。Taken from the 2nd floor of the memorial hall. The black corridor was cool.

 

岡本太郎記念館アトリエ
1階のアトリエ部分には、太郎の作品がたくさんありました。There were many works by Taro in the atelier on the first floor.

 

太郎は、自分で描いた絵画を売らない主義だったそうです。

コレクターやお金持ちに買ってもらって、自宅に飾られるよりも

パブリックな場所で多くの人に観てもらいたいと考えていました。

It seems that Taro did not sell his own paintings.

Rather than being bought by a collector or a rich man and displayed at home

He wanted many people to see it in a public place.

 

若い頃の収入は原稿を書いたり、講演をして、生計を立てていました。

『ほんとうの芸術とは時代を超えるモノ。だから値段がつかない。』と、

太郎は語っています。

彼は、とてもわかりやすい言葉の表現で、

芸術や生き方のヒントを人の心に突き刺していきました。

When I was young, I earned a living by writing manuscripts and giving lectures.

“Real art is timeless, so I don’t know the price of its work.”

Taro says.

He expresses it in very easy-to-understand words.

He pierced our hearts with hints of art and way of life.

もし、あなたが人生に迷った時、岡本太郎の生き方に触れることで

間違いなく、真っ直ぐに生きる元気が出ると思います。

If you get lost in your life, by touching Taro Okamoto’s way of life

Without a doubt, I think you will be energized to live straight.

箱根彫刻の森美術館

 

みなさんこんにちわ。

ビビです。

Hello everyone.

It’s Bibi.

今日ご紹介するのは神奈川県足柄下郡箱根町にある、

『彫刻の森美術館』です。

Today I would like to introduce you to Hakone Town, Ashigarashimo District, Kanagawa Prefecture.

It is “The Hakone Open Air Museum”.

ここ『彫刻の森美術館』は1969年に、

国内で初めての野外美術館(オープンエアーミュージアム)として開館しました。

雄大な自然の森に、広々とした緑の芝の庭園が広がる美しい空間に、

堂々と力強い作品が展示されていて、

319点の彫刻コレクションは、自然の中に視覚的な面白さを感じさせ、

来館者は足を止めて空間の楽しさを堪能できます。

The Hakone Open Air Museum was published in 1969.

It opened as the first open-air museum in Japan.

In a beautiful space with a vast green grass garden in a magnificent natural forest

The powerful works are exhibited in a dignified manner.

The collection of 319 sculptures makes you feel visually interesting in nature.

Visitors can stop and enjoy the fun of the space.

絵画作品と違って、作品の楽しみ方を理解しにくい彫刻作品ですが、

子供達が彫刻を楽しめる企画が実施されています。

体験型アート作品も充実しており、大断面集成材を積み上げた木造ドームの中に、

カラフルな手編みのネットがいくつもつなぎ合わされた巨大なハンモックで、

飛んだり跳ねたりして遊ぶことが出来ます。

Unlike paintings, it is a sculpture that makes it difficult to understand how to enjoy the work.

There is a plan for children to enjoy sculpture.

Experience-based art works are also substantial, and in the wooden dome where large cross-section laminated wood is piled up,

A huge hammock with a number of colorful hand-knitted nets connected together.

You can play by flying and bouncing.

幸せを呼ぶシンフォニー

その他のプレイスポットでは、塔の上まで登ったり、目玉焼きの形をしたベンチに寝転んだり、

立体作品ならではの学びが体感できます。


幸せを呼ぶシンフォニーのステンドグラスは、圧巻です❣

みなさんも是非、箱根彫刻の森で体感型アートを楽しんでくださいねぇ。

At other play spots, you can climb to the top of the tower or lie down on a fried egg-shaped bench.

You can experience the learning unique to 3D works.


The symphony stained glass that brings happiness is a masterpiece

We hope you all enjoy the experience-based art in the Hakone Open Air Forest.

アートに生きよう

はじめまして。Bib(ビビ)です。

みなさん、お元気ですか?

コロナ禍の世の中で、なんだか気分がスッキリしないですよね。

そんな時は、気分転換でアートをじっくりと楽しまれてはいかがでしょうか。

「・・でも、アートってイマイチ、よくわかんない。」

「知識がないと、理解できない・・・」

っと、思っているあなた。

このホームページでは、Bibiがアートのいろんなマメ知識をお伝えします。

今までわからなかったアートが、楽しく感じられるように一緒に学びましょう。